TOP > POLICY
エスペリアの歴史
1972年、千代田区駿河台(お茶の水)にて創業。
場所は明大通り沿い、現在の明治大学リバティタワー正面のお茶の水スクエアビル。
近隣のサラリーマンの方々を中心に、平日はビアレストラン、週末は各種パーティーや
結婚式二次会パーティー等の営業を営んでまいりました。
2002年9月、お茶の水スクエアビルの取り壊しに伴い、現在の地 神保町に移転。
昔と変わらないビアホール料理や洋食を中心に、イタリアン・スペインその他
多国籍の創作料理をご提供させて頂いております。

駿河台の時代から約半世紀、昔ながらの料理や味わいを大切に守りつつ、
新しい食材や調理法を取り入れ、これからもお客様に喜んで頂けるよう
スタッフ一同日々精進しております。
エスペリアのこだわり
1972年変わらずの昔ながらの洋食の美味しさ・味わいを大切にしてきました。
代々の料理長に引き継がれる料理のレシピを守った歴史のある料理、
さらに現在はイタリアン・スペイン・フレンチ・和食を中心とした
多国籍創作料理を中心にご提供させて頂いております。
また、鮮度や管理に徹底的にこだわった生ビール・ソムリエ厳選のワイン、
利酒師・焼酎アドバイザーがチョイスする日本酒や泡盛等のアルコール類。
パーティー時の華やかでボリュームのあるパーティー料理。
季節の食材や旬の素材、安全で美味しい食材を厳選して使用しております。
地下のクラシカルな160席の空間でお一人様からくつろいで頂けるよう心がけております。

そしてスタッフ一同、お客様におもてなしの心と感謝を忘れず
日々の業務に真摯に取り組んでいます。

PAGE TOP